過去の遺産をメンテ復活!! DF50編

ようやく、過去の遺産を復活させる気になりました!!

過去のチェックで不動だった動力を「メンテ待ちBOX」に入れて早何年(笑)

数両は必要に迫られて復活させたもののその他は・・・

今日は、「DF50」

なぜか、幼少期あまりこの子は、好きではなかったんですよねぇ(笑) 理由はないのですが( ´艸`)

IMG_5781.jpg

動作の確認では、ギクシャク動いたり。止まったり。

今回も確実に車輪の汚れによる通電不良。

IMG_5782.jpg
IMG_5783.jpg
IMG_5784.jpg
IMG_5786.jpg

車輪は、酷く酸化はしておらず、無水エタノールで清掃すれば大丈夫そう(^^♪

ダイキャストは、接点部分を軽く清掃して通電させてみたら、スローから問題なし。

バラそうと思ったけどボディーが簡単に外れる気配がなし!!

台車をばらすのにも苦労したのでボディーのバラシは、パス(笑)

IMG_5880.jpg
IMG_5893.jpg

今回も車輪をバラシてから、ぎっしゃさんに教わった「ピカール」でひとつずつ磨いていき

IMG_5822.jpg

組み立てたら ダイキャストにハメて(^^)

おおっ! スムーズに動きました。と、思っていたら???

ポイントのところでストップ!!!

IMG_5789.jpg

あちゃぁ~(><) 真ん中の台車のネジを絞めすぎて破壊していたようです。破損した欠片がネジと共に落下。

走行を止めてしまったようです。

IMG_5791.jpg

どのように補修しようか考えたのですが、下手なプラスチック接着剤を使うより、

最近のお気に入りは、これ! 「アクリサンデー」 バッチリです( ´艸`)

IMG_5790.jpg

ハメて流し込んだら完成(^^)v

IMG_5792.jpg
IMG_5793.jpg
IMG_5794.jpg

溶かしてくっ付けるので量に細心の注意が必要ですが、強度的にも最高の仕上がりに!!

IMG_5795.jpg
IMG_5796.jpg

再度、センター部分の台車をネジ留め。壊さないように注意して(^^)

IMG_5823.jpg

今度こそ完成(^0^)/

ワームギアの音がいい感じ(^^♪

今日は、ここまで。

コメント

非公開コメント

No title

おお!あの部品ってアクリサンデーでくっつくんですね。知りませんでした。軟質プラが接着可能って事は、連結器や台車も接着できますね。

Re: No title

ぎっしゃさん、こんにちは♪

アクリルの接着剤は結構有能です。
一部接着不可はありますが意外と活用できます。
但し、自己責任でお願いいたします\(^o^)/

No title

とちゅうーいさん、おはようございます(^^)
懐かしいTOMIXの車両がお目見えですねぇ~!
私も所有してました(過去形・・・笑)

TOMIXのDF50の分解は最初は難しいですね!
慣れてしまえば簡単なのですが・・・
この頃の動力車は電車も含めて同じような構造でした。

DF50の場合、屋根上機器を左右どちらかにスライドさせます。
確か6か所の爪で固定されていたと思います。
スライドさせて屋根上機器を外しますと、ボディとダイキャスト
部分を留めているネジが2本(これも確か)あります。
+ドライバーでネジを緩めるとボディとダイキャストが外れます。

次に電球基盤にネジが2本あります。前後の基盤で計4本です。
この基盤のネジを外すと基盤が外れダイキャストと床下ボディが
外れます。

動力台車は下から左右にずらせば外れたと思いますが、古い製品
なので無理をするとプラが破損します。
ダイキャストと床下機器を外すと動力台車も簡単に外れます。

動力台車の分解は2本のネジを外せば台車枠が外れ内部が見えます。
面倒なのは磁石付きのアーノルトカプラーと四角の磁石です。
アーノルトカプラーは細い棒と穴で固定されていて上下に動くのですが
四角の磁石は簡単に外れ元に戻すのにプラ製のピンセットなどで
行った記憶があります。

メンテナンスを行えば30~40年前の製品でもスムーズに動きますね。
Hoもカツミやエンドウの1960年代の製品も高価な取引がされています。
どうぞ大切にしてくださいね(^^)