過去の遺産をメンテ復活!! DD51編

ようやく、過去の遺産を復活させる気になりました!!

過去のチェックで不動だった動力を「メンテ待ちBOX」に入れて早何年(笑)

数両は必要に迫られて復活させたもののその他は・・・

今日は、「DD51」

IMG_5765-2.jpg

動作の確認では、怪しく、動いたり。止まったり。

確実に車輪の酸化による通電不良。

IMG_5766.jpg

ダイキャストは、接点部分を軽く清掃して通電させてみたら、スローから問題なし。

下手にバラすとボディーの歪みもあったりしたので復元できなくなったら大変なのでそのままに(^^)v

IMG_5767.jpg

IMG_5768.jpg
IMG_5769.jpg

まずは、センターの台車を! ささっと掃除して終了。

IMG_5770.jpg
IMG_5771.jpg
IMG_5773.jpg

車輪をバラシてから、ひとつずつ磨いていき

IMG_5774.jpg
 
ビフォアー(左)→アフター(右) 

あんまり変わってないってぇ(笑)

IMG_5775.jpg
IMG_5776.jpg
IMG_5777.jpg
IMG_5778.jpg
IMG_5779.jpg

組み立てたら ダイキャストにハメて(^^)

IMG_5780.jpg

おおっ! スムーズに動きました。

IMG_5821.jpg

真ん中の台車をハメたら完成(^^)v

今日は、ここまで。

コメント

非公開コメント

台車磨きは

ご無沙汰してます。鉄道模型って、何十年たっている古い車両でも、ちゃんとメンテすれば長い眠りから目覚めるのがイイですよね。台車磨きはヤスリは最後の手段にしておいた方が無難ですよ。クリーニング液で駄目なときは、ますは「ピカール」がいいです。ヤスリは2000番でもかなり深い傷をつけてしまうので、かえってスパーク汚れがキズの中に沈着してしばらく走らせた後に通電不良を起こします。ヤスリを使った後もピカールで磨き直しておくと、その後の通電不良を軽減できます。うちでは津川洋行の「ソフト君」にピカール部分的にをしみこませて、片方の台車ずつ無理やり磨いてます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。